初心者ライダー旅日記

バイク初心者・キャンプ初心者・旅人初心者…。初心者尽くしの人がライダーの聖地を目指すツーリング日記。

2021/05/13

本日25日目。

本日のルートはこちら。


f:id:gurisan_rider:20210513195906j:plain

本日もはまゆう凪さんに連泊。
重い荷物を降ろして、海地獄や由布岳といった別府周辺を観光!

その後、大分南部に移動し、原尻の滝や稲積水中鍾乳洞を観光していく日帰りツーリングルートのような日程です。


本日は8時ごろ起床。
居心地いい宿だとついつい寝坊してしまう。
とりあえず朝風呂に、と思ったらボイラーの故障でシャワーしか使えず。

身支度を済ませ出発しようとしたところ、また日本一周中の方に遭遇。
その方はもう阿蘇には十回以上来ているんだとか。何度来ても感動があるらしい。

阿蘇の穴場スポットを教えてもらったり情報交換をして、再会を祈り別れる。
一期一会の出合いが旅の醍醐味ですね。


宿を出発したら市内から10分ほどの所にある海地獄へ。


f:id:gurisan_rider:20210513201456j:plain

海地獄入口。この時点で湯気がもくもく。


f:id:gurisan_rider:20210513201611j:plain

海地獄の名の通り、海のように真っ青な池からもうもうと湯気が立っている。
池の温度は98度。硫酸鉄が多く溶けているから青く見えるんだって。


f:id:gurisan_rider:20210513202854j:plain

こっちは真っ赤な池。
押すなよ!? 絶対押すなよ!!?


海地獄をあとにして、今度は県道11号線「やまなみハイウェイ」の景色を堪能しに行く。
が、山を登れば登るほど霧が濃くなっていく。展望が良さそうなところも見えるのは霧ばかり。

諦めかけていたが、展望スポットの狭霧台駐車場に近づくと少し霧が晴れてきた!


f:id:gurisan_rider:20210513202642j:plain

やったぜ。


f:id:gurisan_rider:20210513202756j:plain

愛車とも一枚。


写真を取りまくり、由布岳の眺望に満足したら、今度は大分の南部にある原尻の滝に向かう。

1時間ほど走ったらもう12時すぎ。ちょうどよく道の駅あさじがあったので、ここでお昼にすることに。


f:id:gurisan_rider:20210513203442j:plain

大分豊後牛の牛丼。
脂のっててすごく柔らかいお肉。美味しくて無心で食べてしまった。


お腹が満たされたらまた原尻の滝に行けて出発。20分ほどで原尻の滝に到着。


f:id:gurisan_rider:20210513203922j:plain

美しい弧を描く高さ20メートルの滝。


f:id:gurisan_rider:20210513204028j:plain

滝の正面に架かる、たきみばしっていう実にストレートな名前の橋。
結構揺れてこわい…🥺


f:id:gurisan_rider:20210513204307j:plain

たきみばしからの眺望。
普段はもっと穏やかな滝みたいだけど、連日の雨で水量が多く迫力満点。


f:id:gurisan_rider:20210513204901j:plain

柵とかはなくて、滝の縁ギリギリまで近づける。
手が滑ってスマホ落としたらどうしようと、ひやひやしながら撮った一枚w


自然のパワーを頂いて満足したら、今度は水中鍾乳洞で有名な、稲積水中鍾乳洞へ向かう。

結構な山道で狭路もあり、スリップしないかひやひやしながらも何とか到着。


f:id:gurisan_rider:20210513205245j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513205316j:plain

入り口と鍾乳洞内の地図。
まだ未踏査の場所が多くあって、調査中なんだって。


f:id:gurisan_rider:20210513205924j:plain

入ってすぐの青くライトアップされた池。
すっごく水が澄んでると、逆に深さが分からなくて怖くなる。


f:id:gurisan_rider:20210513210057j:plain

ベルホール。
以前は水に浸かってたところで、激しい水流で石灰石が溶かされて、まるで鐘の様な形になったんだとか。


f:id:gurisan_rider:20210513210404j:plain

鍾乳石が1センチ伸びるには100年かかるんだそう。
じゃあこんな立派な鍾乳石は一体何年かかったらこうなるんだろう、と考えるとロマンがある。


f:id:gurisan_rider:20210513220204j:plain

仙人の渕。
まったくそうは見えないが、深さ30メートルあるらしい。下にダイバーが何かあったときのための命綱があるんだとか。


鍾乳洞出口を出ると、全く脈絡のない昭和コーナーが。なぜ…?


f:id:gurisan_rider:20210513210912j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513211107j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513211132j:plain

まー色々とあったけど写真だけで雑に紹介。


稲積鍾乳洞を出ると小雨がぽつほつ。
九州南部は例年より20日近く早く梅雨に入ったみたいで、しばらく天気には期待できない。雨にも慣れるしかない。

別府に戻る途中、臼杵市にある臼杵石仏という磨崖仏を見に行くことに。


f:id:gurisan_rider:20210513211645j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513211705j:plain

たくさんの如来像。誰が何のために掘ったのか現在でも不明らしい。


手を合わせて旅の無事を祈ったら別府の宿に帰り、無事到着。
この旅で、仏様やら神社で日本書紀の神様やら、岩やら木やら多くの場所で祈ってきた。日本人で自由な信仰でいいよね。


宿についたらボイラーが直っていたので風呂に入る。今日でこの温泉ともお別れだと思うと寂しい。
夕方に入っていると、近くの家から夕飯の匂いが漂ってくるこの宿の風呂が大好きだった。
また別府に来たらお世話になりたい宿。


風呂を出て今日の夕飯をどうするか悩んでいると、近くに1000円で海鮮丼が食べられる海鮮料理屋を発見。
人気店との事なので、遅くならないうちに早速伺う。


f:id:gurisan_rider:20210513213407j:plain

海鮮 いづつさん。
開店の18時過ぎに入ったらもう何組か先客がいた。


f:id:gurisan_rider:20210513213522j:plain

海鮮丼。
1000円とは思えないほど身が厚くてぷりっぷりな刺し身が乗っている。タネの種類も豊富。
今まで食ってきた海鮮丼は一体…?と思うほどうまくてあっという間に完食。
今度はゆっくり、旨い魚で酒を飲みに行きたい。


載せるタイミングを逸してしまった別府の街並みを撮った写真を何枚かピックアップ。


f:id:gurisan_rider:20210513215634j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513215707j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513215808j:plain


f:id:gurisan_rider:20210513215944j:plain


別府は温泉はあるわ、飯がうまいわで大満足だった。別府に来てから毎晩食べ歩いて贅沢しちゃったけど、全く悔いはない。むしろ金使ってうまいもん食っといてよかった。

明日はいよいよ聖地、阿蘇周辺を観光して宮崎方面に抜けていこうと思います。

ではまた明日。


本日の支出

f:id:gurisan_rider:20210513214626j:plain